何かの専門あんてな速報(´・ω・`)

なんか気になった速報記事、ネタを上げてくよ。 グロ/速報/あんてな/まとめ/

▼キャリア公式決済可能! 
今ならワンパンマンからちょっとエッチな漫画まで全作品半額!キャンペーンを使ってみた! 
large_114428

今、コミックシーモアという書籍サイトで半額キャンペーンを行なっている。そこで今回、一般からエッチな漫画まで読者が読みたい漫画を一気見してみた。

▼まずはお試し購読で品定め

お試し購読無料!まずは立ち読みで自分に合った作品か見てみよう。
購入してから全然、想像と違ったとかで、キャンペーン中だからと言って購入しまくるのも損。お試し購読は無料だからこちらで品定めします。

▼実はえっちな漫画も読めちゃう


一般漫画が主だが、実はエッチな漫画もかなりある。勿論、こちらも半額なので、おすすめ。CQSzclyVAAA_WlO
 
※エロ入口は他にある → http://www.cmoa.jp/

▼公式キャリア決済だから購入は安心・安全

少しは怪しいと思ったんですが一応全て調べたら、
完全公式決済なので。騙し一切無く、ネット初心者でも安心して読める内容となっていました。
(※キャリアの決済)

他の書籍サイトと違うのは「エロ漫画も扱っていて、表の一般漫画とは違いエロジャンルがある。
ネットもわかんないけど、安心してエロ漫画読みたいという人はこのサイトから公式決済して読めます。

自分はサンプル見て、まぁ一応登録したけど、結局、他の作品でポイント使っちゃいましたが(笑)
※月額324円登録?して、月内に登録解除してしまえば、見たい作品は見れます。

エロ作品も結構、抜けるのが多い! オープン当時は作品が少なく玄人には抜きどころが難しかったのですが、
タイトルの新作はどんどん出てますので、さらに、以前登録したことがある人でも、楽しめます。

BL、TL作品もかなり充実しているので、老若男女イケます!

▼サンプル作品 ※ここからも登録が可能です。
http://www.cmoa.jp/


カババッグ




かめバッグ




金魚の小物入れ

カメレオンバッグ


Atelier WAKIRIさんの作品ですが購入も勿論出来るそうです。
全てとても手の込んだ素晴らしい出来です。
他にもまだ有りますので、興味のある方は下のリンクからどうぞ
▼本サイト↓

twohexagons1

雪の結晶:電子顕微鏡画像ギャラリー
電子顕微鏡がとらえた雪の結晶は、人工構造物のように見える。右と左の画像を合わせると結晶構造を3Dで見ることができる画像セットも紹介。


雪片は本当はどのような構造なのだろう?と思ったことがある人に、メリーランド州のベルツビル農業研究センター電子顕微鏡部門(EMU)による画像を紹介しよう。

孫野長治氏らによる分類

    雪の結晶の最も複雑な分類システムは、1966年に、日本の気象学者、孫野長治氏とC.W. Lee氏によって考案された。『Meteorological Classification of Natural Snow Crystals』(気象学的な雪の結晶の分類:PDFファイル)では、80タイプ以上の結晶が説明されている。

    画像は「P2b」、「末端が扇形の星状結晶」とされているものだ。

口永良部島噴火

口永良部島噴火

29日午前10時前、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的な噴 火が発生し、火砕流が海岸まで到達したのが確認されました。気象庁は、さきほど口永良部島に「噴火警報」を発表し、噴火警戒レベルをレベル5に引き上げ、 島の住民の避難が必要だとして厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、29日午前9時59分ごろ、口永良部島のほぼ中央部にある新岳で爆発的な噴火が起きました。また、噴火に伴って火砕流が発生し、海岸まで到達したのが確認されました。
気象庁は、さきほど午前10時7分に口永良部島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3の「入山規制」からレベル5の「避難」に引き上げ、火砕流の到達が予想される地域の住民に対して、避難などが必要だとして厳重な警戒を呼びかけています。
気象庁が噴火警報を発表したのは、平成19年12月に噴火警戒レベルが導入されてから今回が初めてです。
口永良部島住民 約80世帯130人余り 
口永良部島は鹿児島県の屋久島の西北西、およそ15キロにある周囲の長さが50キロほどの島で、およそ80世帯、130人余りが住んでいます。
新岳では昭和8年から9年にかけて断続的に噴火が発生し、住民8人が亡くなるなど大きな被害が出ました。また、昭和41年の噴火では噴煙が火口から高さ5キロの高さまで上がったほか、直径1メートルの大きな噴石が火口から北北東に3キロまで飛びました。
その後、昭和55年以降、噴火は起きていませんでしたが、去年8月に34年ぶりに噴火があり、山頂の火口から数百メートルの範囲に大きな噴石が飛んだほか、低温の火砕流の痕跡などが確認されました。
放出される二酸化硫黄の量は、去年8月の噴火以降増える傾向にあり、1日あたりの放出量は、ことし2月は400トンから2700トン、3月20日の調査では3700トンなどと多い状態が続いていました。
3月と4月に行なわれた気象庁の現地観測では、火口の西側付近が熱くなる異常が見られました。また3月24日以降は、夜間に高温のガスなどが噴煙や雲に映って赤く見える「火映現象」が観測されました。
口永良部島で「火映現象」が確認されたのは、平成16年の観測開始以来初めてで、その後の上空からの観測では、去年8月に噴火した新岳の火口周辺で、温度の上昇が確認されたということです。
火山性地震も時々発生していて、ことし1月24日には一時的に増加したほか、島内で揺れを感じる規模の地震が起きたほか、今月23日には震度3の揺れを観測する地震が起きました。
また、去年12月ごろから島の一部が僅かに膨張していることを示すと考えられる地殻変動が続いていたということです。
火山噴火予知連絡会は、ことし2月、「口永良部島では火山活動が活発な状態が継続し火山ガスや地殻変動の観測から今後、活動がさらに高まり、マグマ噴火に至る可能性があることを示す変化も見られ、活動の推移を注意深く見守る必要がある」という検討結果をまとめていました。

【コメント】
一瞬スマホの警戒のポップアップが上がったので箱根かと思ったら違いました・・・ ただ写真を見る限り、これはでかい・・・


0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年04月23日 16:46 ID:hamusoku
こちらでは言いそびれましたが昨日でゴールデンボンバーに加入して8年目となりました!ゴールデンボンバーに入って本当に本当に良かった!毎日が輝いています!金爆最高!そんな僕たちの今年のツアーもよろしくお願いします!さぁ〜、頑張るぞ〜!
CDQaChdUIAEHwFq






↑このページのトップヘ